歯周病予防は生活習慣の改善から

皆さんこんにちは。

東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

歯周病は日々の生活習慣と大きく関係しているため、

生活習慣病の1つと考えられています。

生活習慣病は、生活習慣を改善することで予防が期待できます。

 

歯周病が進行しやすい人

・歯みがきが不十分な人

・タバコを吸う人

・糖尿病の人

・口呼吸をする習慣のある人

・歯の被せ物があっていない人

・噛み合わせが悪い人

・食いしばり、歯ぎしりをする人

・ストレスの多い人

・睡眠不足で休養が取れていない人

 

お口の問題にとどまらない歯周病

歯周病はお口の中の問題ではなく、全身に様々な影響がある事がわかってきました。

歯周ポケットから入り込んだ歯周病菌や歯周病菌がもつ毒素、

歯周病によって産生された炎症性物質が歯ぐきの毛細血管に入り、

血液にのって全身をめぐるためです。

 

歯周病と全身の様々な病気

①糖尿病

歯周病の進行により産生する炎症性物質が血液中に入ると

インスリンの働きを低下させるため血糖値が下がりにくくなります。

 

②心臓病

歯周病が引き起こす動脈硬化により、心臓に血液を送る血管が狭くなったり(狭心症)、

詰まったり(心筋梗塞)します。

また、心臓の内膜に歯周病菌が付くと、心内膜炎を引き起こし、

命にかかわることもあります。

 

③骨粗鬆症

骨密度が低くなり、骨がもろくなる病気です。

歯周病によって産生される炎症性物質が全身の骨の代謝に悪影響を及ぼすためと考えられています。

 

④肥満

歯周病が進んでいる人はメタボリックシンドロームの発症が1.6倍高まることが報告されています。

 

⑤脳梗塞

脳梗塞とは脳の血管が詰まったり、心臓にできた血栓が脳に送られて血管が詰まったりする病気です。

歯周病にかかっている人は、そうでない人の約2.8倍脳梗塞になりやすいという報告があります。

 

⑥認知症

歯周病が引き起こす動脈硬化は、脳血管性認知症の原因になる可能性があるとされています。

また、アルツハイマー型認知症との関連も明らかになりつつあります。

 

⑦誤嚥性肺炎

歯周病菌などのお口の中の細菌が唾液や食べ物と一緒に誤って気管に入ると

肺炎発症のリスクが高くなります。

 

⑧関節リウマチ

手足の関節が腫れて、痛みやこわばりが起こる病気です。

多くの研究により、歯周病の人は関節リウマチのリスクが高いことがわかっています。

 

⑨低体重児出産・早産

歯周病によって産生された炎症性物質が血液中に入ると、低体重児出産が起こりやすくなります。

また、血液中に子宮の収縮を早める物質が生まれるため、早産も起こりやすくなります。

 

このほか、がんや慢性腎臓病、非アルコール性脂肪肝との関連性もわかってきています。

今後はさらに多くの病気と歯周病の関係が明らかになるでしょう。

全身のさまざまな病気を予防するためにも、ぜひ定期検診でお口の環境を整えましょう。

当院では皆さんのお口の中をサポートする体制が整っています。

 

どうぞ安心して、ご来院頂ければと思います。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。