「噛めること」ってなぜ大切?

皆さんこんにちは。

 

東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

自分の歯で美味しく食べられる事、それは生きる力に直結しています。

自分の歯はもちろんですが、入れ歯になっていてもよく噛める人は
健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)が長いことがわかっています。
さらに近年では、お口の健康と全身の健康との関連が次々と明らかになってきています。

 

歯の本数と要介護認定の関係では、
65歳以上の健康な人を対象として4年間、追跡調査をした結果によると、
歯が19本以下の人は、20本以上の人と比較して、
要介護認定を受ける割合が1.2倍に上昇することがわかりました。

また、日本人を対象とした別の研究では、歯が多く残っている人や
歯が少なくても義歯を入れている人では、そうではない人と比べて認知症発症や
転倒の危険性が低いことがわかっています。

 

しっかりと噛めることはなぜ大切なのか?

しっかりものを噛めると、

・食べ物をおいしく味わえる

・いろいろな食品を食べることで、必要な栄養素がバランスよくとれる

・噛むことにより分泌されるだ液が消化を助ける

・だ液がお口の中を綺麗にするため、むし歯や歯周病の予防につながる

・噛むことによって脳が活性化される

・発音が良くなる

・表情がいきいきする

などなど、たくさんのメリットがあります。

噛むことによって免疫力や運動機能の低下が防げ、
人と楽しく交流し、生きる意欲が向上することで
健康寿命が延びるのです。

お口の機能が低下すると低栄養の状態になったり、

生きる意欲が低下したりして、介護が必要な状態になっていきます。

健康な生活を送るためには、お口の機能を維持することが欠かせないのです。

 

噛める状態でいる事は、むし歯がなく、ご自身の歯を大事にしていただくことが重要です。

1本でも多くご自身の歯で豊かな生活を送っていただけるよう

当院もスタッフ全員で皆さんのサポートができれば幸いでございます。

まずはお気軽に定期検診にお越しください。

 

スタッフ一同、皆さんのご来院を心よりお待ちしております。