隠れ歯周病の重要なサイン

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

歯周病には自覚症状がない、歯周病だと気づくサインが少ないと今までのブログでもご紹介してきましたが、
唯一ともいえる歯周病の貴重なサインは歯ぐきからの「出血」です!

出血は、歯ブラシで傷ができたわけではなく、歯ぐきの組織が歯周病菌と戦い、
身体を守ろうとした結果によるものです。
そして出血を放置していると、歯周病が進行し、歯を支えている骨が溶かされてしまいます。

 

歯科だけでは歯周病は治せない

では、歯周病になってしまったら、どうすればいいのでしょうか?
その答えは、とにかく「お口の中の歯周病菌を減らすこと」です。
実は、皆さんのお口には、歯周病菌が大量に生息している場所があります。
それが「歯石」です。歯科で歯石取りをしているのは、汚れだからではなく、
歯周病の治療や予防の為なのです。
そしてこの「歯石」は歯科医院でしかとり除くことができないのです。

しかし、歯石を取るだけでは根本的な問題が解決できていません。
なぜなら「歯周病菌」は放っておくとすぐ何十億、何百億と繁殖してしまうからです。

そこで重要なのが「常に細菌を増やさないようにすること」!
そう、みなさんの「毎日の正しいケア」です。
このように、歯周病は歯科医院と皆さんとでの二人三脚で治療をしていきます。

 

出血が続くようなら今すぐ歯科医院へ

歯周病は歯を失う原因第1位です。
しかし症状が進むまで気づきにくく、「沈黙の病」とも言われています。
もし歯ぐきからの出血があるようなら、それは歯周病のサインかもしれません。
早めに歯科医院で歯茎のチェックを受けてください。

 

当院では歯科衛生士は担当制を取り入れております。
皆さんのお口のサポートを継続的にさせていただきますので、
普段の歯みがきの仕方など些細な事でもどうぞお気軽にご相談ください。

皆さんのご来院をスタッフ一同、心よりお待ちしております。