ドライマウス

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

皆さんは【ドライマウス】を聞いたことがありますか?
ドライマウスとは、舌が痛くなる・食事がしにくくなる・味覚障害や口臭の原因になるなど、
多岐にわたる悪影響があります。
チェック項目があるので、ご自身が当てはまるか確認してみましょう!

チェック項目

・口の渇きが3カ月以上毎日続いている

・乾いている食品が噛みにくい

・口の中が粘って話しにくい

・日中水分をよく摂取する

・夜間に起きて水分を摂取する

・乾いた食べ物を飲み込むときに、しばしば水を飲む

・あごの下が繰り返し、あるいはいつも腫れている

・口の中がネバネバする

・口臭がある

・義歯(入れ歯)でお口の中が傷つきやすい

 

ひとつでも該当する場合、ドライマウスの可能性があります。
複数該当する方は早めの受診をお勧めします。

 

対処法

①喫煙や過度の飲酒を控える

②ゆっくり噛む習慣を身に着ける

③鼻呼吸にする

④唾液腺マッサージをする
・耳下腺:指4本を耳の前の頬のところで後ろから前に回す(10回)

 ・顎下腺:下顎の骨の内側の柔らかい部分を耳の下から顎の下まで押す(5か所で10回)

 ・舌下腺:親指で顎の下から下の付け根を押す(10回)

⑤市販の口腔保湿剤を使う

 

日常生活に原因がある場合は、これらの方法で改善できる場合があります。
しかし、あくまでも対処療法なので、気になる方は早めにご相談ください。

また、定期的にお口の中をチェックし、健康状態を把握することはとても重要です。
当院では担当の歯科衛生士が皆さんのお口の状態をチェックし、
歯石除去などで、虫歯や歯周病になりにくい環境を整えています。
また、繰り返し施術する方のほとんどが歯の着色が少なくなり、健康的な歯肉を作り、口臭や突然の痛みを抑えられます。
定期的に検診を受けて、予防に努めるとともに、何か異変があった時に早期発見できるようにしましょう。

スタッフ一同お待ちしております。
お気軽にお越しください。