放置している親知らずって大丈夫?

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

今回は放置すると命にも関わってきてしまう親知らずについて、
よくある質問にお答えしていきたいと思います。

 

①痛みが少ないから放置しても大丈夫?

→あまり痛くない、あるいは、痛くなかったからといって放置するのは大変危険です。
最悪の場合命にかかわることもあります。
親知らずが痛む原因の多くは細菌感染によるものです。
放置していると感染範囲が顎、喉へと広がり、心臓にまで至ると、命にかかわることもあります。
痛みがあったら放置せず、まずは早めに受診してください。

 

②必ず抜く必要がある?

→必ず抜かなければいけないわけではありません。
しかし、繰り返し炎症を起こしている、周囲に悪影響を及ぼしている、
将来的に炎症を起こす恐れがあるといった場合には、抜歯をお勧めすることがあります。

 

③やっぱり抜いたら痛い?

→施術中は麻酔をしているため痛みはありません。
ただ、数時間後に麻酔が切れると痛むことがあります。
親知らずの状態などにもよりますが、特に下の歯や、骨に埋まっていた場合などは痛む可能性が高くにあります。
痛みが出そうな場合は、事前に痛み止めのお薬を飲むように指示する場合もあります。

 

④腫れが引くまでどれくらいかかる?

→痛みは数日から1週間程度でおさまります。
腫れは通常で1週間、長くても2~3週間ぐらいでおさまります。
いずれも親知らずの状態などによって異なります。
上の親知らずの方が比較的痛みも腫れも少なく、早く治る傾向にあります。

 

いかがでしたでしょうか。
以上が皆さんからよくいただくご質問になります。

もちろん、むし歯でなく、まっすぐ生えていて、噛む相手がいるような場合の
親知らずでしたら抜かなくても大丈夫です。
しかし、やはり奥歯なので磨きにくく、むし歯になりやすい場所なので、
ご自身でのケアと、定期的に歯科医院で専門のスタッフによる口腔ケアが大事になります。

まずは一度、ご自身の親知らずの状態や、お口全体の状況を把握するためにも当院へお越しください。
親知らずがご自身の目で確認できなくても、レントゲンを撮ってみると骨に埋まっていたり、
斜めから生えてきている場合もあります。

スタッフ一同、みなさまのご来院を心よりお待ちしております。