歯並びが悪いとどうなるの?

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

皆さんは歯並びに自信がありますか?
それとも歯並びを治したいところがありますか?

歯並びが悪いと、咀嚼(噛むこと)がうまくできず、胃腸に負担がかかる可能性があります。
また、歯みがきがうまくできずに、むし歯や歯周病になりやすくなったり、
正常に発音ができなかったり、なんと頭痛や腰痛の原因になることもあります。

歯列矯正はワイヤーを使う方法が主流でしたが、最近はマウスピースを使った目立たない矯正もありますので、
お子様だけでなく大人の方も矯正する方が増えています。

 

歯並びが悪くなってしまう原因

①食生活の変化

現代人は柔らかいものばかり食べるようになり、
顎が小さくなっていると言われています。
さらに、忙しい毎日、ついつい急いで食べてしまい、咀嚼の回数も減ってしまいます。
それらが原因で歯並びが悪くなるという説もあります。

②日常の癖

指しゃぶり、いつもポカンと口を開けている、
頬杖をつく、舌で歯を押す、姿勢が悪いなど、
日常の癖で歯並びが乱れてしまうことがあります。

③遺伝の影響

歯の形と大きさや、顎の形や大きさは遺伝の影響がとても強く、
当然その形は両親や祖父母に似てきます。
遺伝的に、小さな顎に大きな歯だと歯並びがデコボコになったり、
顎が大きいとすきっ歯や綺麗に並ばない可能性があります。

④親知らず

斜めや横向きに生えてきた親知らずが、すでに生えている歯を強く押し、
歯並びが乱れる場合があります。

⑤睡眠環境

睡眠中の姿勢や食いしばり、歯ぎしりなどの影響で
歯並びが悪くなってしまう可能性があります。

⑥歯の治療の中断

歯を失ってしまったり、抜いた場所、またはもともと歯がない場所などを
そのまま放置していると、隣の歯が倒れてきたり、対合歯が伸びてきたりします。

 

いかがでしたでしょうか。
心当たりがある方もいるのではないでしょうか。
一見歯並びがよく見えていても、実はうまく嚙み合っていない場合もありますので、
歯並びでお悩みの際は、ぜひ一度当院へご相談ください。
ワイヤー矯正も、マウスピースによる矯正も取り扱っております。

 

スタッフ一同、みなさまのご来院を心よりお待ちしております。