お口に関する夏の3つの注意点

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

暑い夏の日が続くと冷たいものや水分が欲しくなると思います。
しかし歯の健康のためにはいくつか気をつけなければならないことがありますので、
このブログを読んで一緒に気をつけましょう!

アイスにご用心

「冷たいものは甘さを感じにくい」ことをご存じですか?
アイスは冷たいだけではなく、しっかり甘みもあります。
なので冷たいのに甘く感じる=かなりの糖分を摂取している証拠です。
アイスを食べた後は歯みがきをするか、
少なくともお口をしっかりすすぐようにしてください。

 

飲み物にご用心

「糖質ゼロ」の飲料は歯にも悪くないように思えますが、実は大間違いなのです。
糖分が無くても、酸性度の強い飲料を大量に飲み続けると、歯が溶けてしまいます。
柑橘系のジュースや炭酸飲料、スポーツドリンク、ビタミンウォーター、
コーラ、黒酢、酎ハイ、栄養ドリンクなどは酸性度がとても強いので飲みすぎに注意してください。
もちろん飲んだ後のうがいも忘れないようにしましょう!

 

夏バテにご用心

夏バテはお口にも大きな影響があります。
お口には多くの細菌が生息していますが、
その細菌を洗い流す働きをしているのがだ液です。
このだ液が実は夏バテによって少なくなってしまうのです。
むし歯や歯周病菌は細菌が原因です。
だ液が減ることでそれらのリスクが一気に高まります。
しかも夏バテで免疫力も下がっているので、さらなる注意が必要です。

 

いかがでしたか?
毎日暑いと、当てはまる生活をなさっている方が多いのではないでしょうか。
冷たいものはほどほどに楽しみつつ、お口の健康のために、ゆすいだり歯みがきをしたりと、
小さなケアからコツコツとはじめてみてください。

定期的なケアは当院にて専門のスタッフが行っております。
どうぞお気軽にご来院ください。

スタッフ一同、みなさまのご来院を心よりお待ちしております。