正しい歯みがき知っていますか?

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

皆さんは日々の歯みがきはどのように行っていますか?
歯みがきは正しく行わないと意味がないどころか逆効果になる場合があります。

間違った歯みがきを行うと、歯と歯ぐきの間にあるプラーク(口腔細菌のかたまり)を除去できません。
いくらご自身でちゃんとみがけている!と思っても、
プラーク内の歯周病菌は繁殖し、歯周病を発症してしまうケースもあります。
では何が間違ったみがき方で、何が正しいみがき方なのか、ご紹介していきます。

 

×間違ったみがき方→〇正しいみがき方

①×グーでにぎる→〇ペンのようににぎる
正しい歯ブラシの持ち方は、ペンを握るように持つ「ペングリップ」です。
ペンで文字を書くように歯ブラシをにぎり、そのまま歯に当てます。
ブラシが歯に触れる感触が指先に伝わるので、より細かなコントロールができます。

②×前歯からみがく→〇奥歯からみがく
奥歯には歯ブラシが届きにくいため、歯みがき剤の有効成分も届きにくくなります。
まず奥歯を丁寧にみがき、そこから前歯をみがくという順番を習慣づけましょう。

③×シャカシャカみがく→〇静かにみがく
歯の表面をシャカシャカと音を立ててみがく人がいますが、それではプラークはきちんととれません。
プラークは歯と歯ぐきの間にも潜んでいるので、そこにしっかりと歯ブラシの毛先を差し込み、
プラークをかき出すように小刻みに動かすことが大事です。

④×歯みがき剤をたくさんつける→〇歯みがき剤を少しだけつける
歯ブラシを水で濡らすと、歯みがき剤の濃度が薄くなってしまいます。
また、歯みがき剤を盛りすぎると口の中が泡だらけになり、
よく磨けたと勘違いするリスクもあります。

 

これらのポイントを守っていただいて、正しい歯みがきを行い、
歯周病、むし歯になりにくい健康な口腔環境をつくりましょう!
ご自分では落としきれない強固な汚れや歯石は歯科医院での専門の器具を使用し、
歯科衛生士が丁寧に取り除きますので、
どうぞお気軽に当院にご来院ください。

スタッフ一同、みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

 

詳細はこちら

https://oimachidentalclinic.jp/treatment/preventive.php