歯に良くない習慣とは

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

皆さん歯を失う原因は何だと思いますか?

2代要因はもちろんむし歯と歯周病です。
しかしそれ以外でも上下の歯を接触させる癖(TCH=Tooth Contacting Habit)のある人もとても危険なのです。

正常の状態は上下の歯は軽く離れています。
上下の歯が触れるのは咀嚼(噛むとき)、嚥下(飲み込むとき)、会話のときで、
1日通算しても20分程度なのです。
それ以外の時に無意識に上下の歯をあてている癖が上下の歯を接触させる癖(TCH)なのです。

上下の歯を接触させる癖(TCH)があると、顎に違和感や痛みを生じる顎関節症のリスクが上がるほか、
歯にも大きなダメージが及びます。
長く歯と歯を接触させていると、力がかかり続けて詰め物が壊れてしまったり、
歯がすり減ったり、欠けや折れてしまうこともあります。
また、上下の歯を接触させる癖(TCH)のある人が歯周病になると歯のぐらつきが早まり、歯周病も進行してしまいます。

 

上下の歯を接触させる癖(TCH)の判定法

姿勢を正して正面を見て、軽く口を閉じます。
その時上下の歯が接触しないように軽く離してください。
もし口のあたりに違和感を感じたら上下の歯を接触させる癖(TCH)の可能性が高いです。

上下の歯を接触させる癖(TCH)の対処方法

夜間寝るときは無意識に食いしばったり歯ぎしりをしてしまう恐れがあるので、
ナイトガードと呼ばれるマウスピースをはめるようにしましょう。
当院でも保険適用で、オーダーメイドで作成することができますので、お気軽にお問い合わせください。
また、日中は意識がありますので、「歯を離す」など書いたメモをパソコンやデスクまわりなど
目につくところに貼って、意識的に脱力するという行動療法も有効です。
またガムを噛んだりすることもおすすめです。

 

 

なかなか習慣を治すことは難しいかもしれませんが、
未来のご自身の歯のためにも、予防を心がけましょう。

当院でも詳しくお口の中を検査して、状態にあった治療を行いますので、
どうぞお気軽にご来院ください。

スタッフ一同、みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

 

詳細はこちら

https://oimachidentalclinic.jp/treatment/ask.php