歯周病ってどんな病気?

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

今回は歯周病について、改めて詳しくお伝えしていきます。
歯周病は歯ぐきの病気です。
次の項目に思い当たることはありませんか?

・歯を磨くと、歯ぐきから血が出る
・口臭がある
・歯ぐきの先端が赤く腫れぼったい気がする

もし、当てはまることがあればあなたの歯ぐきは病気にかかっている可能性があります。
これが冷たいものが歯にしみたり、歯がぐらぐらしてきたりすると、病気がかなり進行していると考えられます。
このような歯ぐきの病気を『歯周病』といいます。
歯周病もプラークが原因となることが大半です。
葉の付け根の部分にプラークがたまり、歯ぐきに炎症が起こりはじめ、
ひどくなると歯槽骨にまで広がります。
すると歯ぐきがやせて歯を支える力が弱くなり、健康な歯も抜けてしまう恐ろしい病気です。

 

歯周病の進行状況】

①健康な歯肉
色は淡紅色で引き締まっています。
丈夫な骨の中に歯根がしっかり植わっている状態です。

②歯肉炎を起こした状態
歯石やプラークが原因で歯肉に炎症が起こると、赤く腫れて出血しやすくなります。
規則正しい歯みがきと歯石の除去で完治します。

③歯槽膿漏の歯肉
口臭がひどくなります。
歯肉の先端が歯から離れはじめ、膿の袋がつくられます。
歯ぐきの数か所に腫れがみられます。

④歯が抜けてしまう
歯槽骨が溶けて、歯がぐらぐらします。
炎症が広がっているのに痛みがあまりないため放置していると、やがて歯も抜け落ちます。

 

歯周病をさらにひどくする要因があるのをご存じでしょうか?
最大の原因は喫煙だと言われています。
アメリカの調査によると、喫煙者が歯周病になる確率は非喫煙者の4倍のリスクだそうです。
1日の喫煙本数が増えると歯周病の進行も比例して高くなります。
その他精神的なストレスや、食生活習慣、歯ぎしりや噛みしめ癖なども歯周病の見逃せない要因です。

ではどうやって治せばいいのでしょうか。
歯周病は痛みが少ないだけになかなか自覚しにくい病気ですが、
むし歯と同じようにプラークと歯石の除去が予防の第一歩です。
食後の歯みがきや、1日1回指で歯肉をマッサージするだけでかなり違ってきます。
4カ月に1度の定期検診で歯石を除去すれば、むし歯と歯周病に予防になります。
自分では自覚しにくい病気だけに、定期的に健診を受けることが重要です。

当院では担当の歯科衛生士が皆さんのお口の状態を健康に保ちます。
どうぞ定期検診にお越しください。
スタッフ一同、みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

 

歯周病の詳細はこちら

https://oimachidentalclinic.jp/treatment/perio.php