むし歯ってなんだろう?

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

今回はむし歯について、改めて詳しくお伝えしていきます。

ご自身の歯を爪やつまようじなどでカリカリひっかいた時、白く柔らかいものがとれませんか?
これをプラーク(=歯垢)といいます。
このプラークには1グラム当たり1,000~2,000億個もの細菌が存在していると言われています。
細菌のかたまりのプラークが、実はむし歯の大きな原因になっているのです。
歯や歯根の表面は新陳代謝をしないので、歯みがきを怠ると、
食品と細菌がプラークと合体します。
プラークはさらに大きなプラークに成長し、酸をつくります。
この酸が歯のエナメル質を溶かし始め、むし歯の初期段階にあたります。
むし歯の状態は初期のC1から、かなり進行しているC4のランクに分けて表現されます。

 

C1:エナメル質のむし歯
歯の溝が黒くなっている程度のむし歯。
ほとんど自覚がないため放置してしまいがちですが、
この時点で対処すればある程度進行を抑えることができます。

C2:象牙質まで進行したむし歯
冷たいものや甘いものがしみるので自覚症状が出てきます。
神経が侵される前に治療を受ける必要があります。

C3:神経まで進んだむし歯
絶えず激痛に悩まされるくらいの状態です。
歯髄(いわゆる神経)をとる治療になるので、長い期間をかけて治療することになります。

C4:歯根まで侵されたむし歯
歯冠はほとんどなく、歯根の先が化膿して、抜歯が必要になることが多くあります。
神経の穴から細菌感染した場合、顔がはれることもあります。

 

では、むし歯の原因であるプラークはどのように成長していくのでしょうか。
口の中にバラバラに浮いている細菌が、歯やプラスチックなどに吸着します。
そこに集まった細菌同士が連携し、増殖を始めたのがプラークです。
プラークはまるで生き物のように成長し、連携も強固なので退治するのはなかなか困難です。

このプラークの成長を防ぐには、今のところ歯磨きと合わせて
歯科医院での専門のスタッフによる除去しか方法がないのです。
歯みがきをする時には、むし歯になりやすい歯と歯の間、奥歯の噛み合わせの溝、
歯と歯肉の境目の三か所に気を付けて丁寧に磨いてください。
また、定期的に歯科医院でのプラークの除去をする習慣をつければ、
むし歯の急速な進行を防ぐことができます。

ご自身の歯を末永く健康に保つためには、まだむし歯のない時からの丁寧なケアが大きな意味を持ちます。
プラークの成長を防ぐためにも、毎日よく磨いて定期検診を心がけましょう。

定期検診の目安は4か月に1回です。
当院スタッフ一同、みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

 

詳細はこちら

https://oimachidentalclinic.jp/treatment/general.php