口腔ケアと虚血性心疾患

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

前回はメタボリックシンドロームと口腔ケアについてお伝えいたしましたが、今回は虚血性心疾患についてです。
虚血性心疾患とは、狭心症や心筋梗塞などの心臓の血管の病気のことです。

心臓には、外側にかぶさるように『冠動脈』という心臓の筋肉(心筋)に
血液を送る血管が走っています。
この冠動脈の一部が狭くなったり完全に詰まったりすることで、
心筋に供給される酸素が不足してしまった状態が狭心症・心筋梗塞です。
こうした健康が十分にいかないで心機能が障害される病気をまとめて『虚血性心疾患』と呼びます。
狭心症と心筋梗塞の違いは、血管が狭窄しているか、閉塞しているかどうかにあります。

狭心症:血管も一部が狭くなり、十分な血液が流れてこなくなった状態(狭窄)

心筋梗塞:完全に血管が詰まり、その先の心筋が死んでしまった状態(閉塞)

虚血性心疾患の主な原因は『粥状硬化』タイプの動脈硬化です。
血中に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)などの脂質が増えて、血管の内側にある内皮という
細胞の隙間から酸化したLDLコレステロールが入り込むと、
それを退治するためにマクロファージ(炎症細胞)が集まり、おかゆのような物質がたまっていきます。
これに伴い、血管は徐々に狭くなっていき、血液が流れにくくなるのです。
さらに、粥状硬化で弱くなった内皮細胞は突然破れてしまうこともあります。
すると血液中の血小板が急速に固まり、血栓を形成して血管をふさぎます。
こうして引き起こされるのが急性心筋梗塞です。

歯周病の人は虚血性心疾患の発症リスクが高くなり、
逆に虚血性心疾患や冠動脈の異常がある人は歯周病になりやすいことがわかっています。
これは歯周病原因菌や毒素が炎症を引き起こし、粥状硬化を進める働きがあるためです。
問題になる歯周病原因菌は歯肉組織の傷から侵入して全身に運ばれていきます。
歯肉に傷ができる最大の理由は歯磨きです。
歯磨きの後20~30分くらいは誰でも菌が入り、一時的に菌血症(血液に菌がいる状態)になるのですが、
健康な人はそれらを難なく退治して数十分の間には菌がいなくなるということを繰り返しています。
出血するほどの強いブラッシングは、菌の侵入をできるだけ防ぐためにもしないほうがよいのです。

正しいブラッシング方法は当院にて専門のスタッフがお教えいたします。
また歯科衛生士は担当制なので、お口の中のお悩みがあればどうぞお気軽にご相談ください。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

 

詳細はこちら

https://oimachidentalclinic.jp/treatment/preventive.php