お口に関するよくある誤解

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

歯科では患者さんから様々なご質問をいただきますが、
なかでも誤解が多いものをピックアップしお答えします。
ぜひ覚えていただければ幸いです。

Q1,歳をとると歯が伸びる?

A1, 歯が伸びることはありません。
歯を支える骨が歯周病で溶けると歯ぐきも下がり、歯根が露出し、
歯が伸びたように見えます。また、歯を抜けたまま放置してしまうと、
噛み合う歯が浮き上がり、これも伸びたように感じる原因になります。

 

Q2,歯の神経をとればもう痛くならない?

A2,神経をとってしっかり治療しても再びむし歯になる可能性はあります。
神経をとることで、歯そのものでは痛みを感じなくなりますが、
その後のお手入れを怠ると、歯ぐきや骨でも痛みが起こります。
決して『歯の神経をとれば一生痛みが出ない』というわけではありません。

Q3,歯は意地でも残すべき?

A3,歯を残しておきたい気持ちはとてもよくわかります。
しかし、周囲の歯や骨、全身に悪影響を与える場合もあるため、
場合によっては抜歯の選択をおすすめすることがあります。

 

Q4,むし歯って遺伝する?

A4,遺伝はしません。
しかし、むし歯や歯周病はお口の細菌によって引き起こされるため、
家族同士で食器などを共有すると、同じ細菌に感染して似たようなお口の病気になる傾向があります。

 

Q5,歯周病用の歯磨き粉を使えば治る?

A5,症状を緩和する効果はあると言われていますが、完全に治すことはできません。
歯周病になったら検査や、歯石除去など歯科医院での治療が必要です。
あくまでも予防・症状の緩和としてご使用ください。

 

いかがでしたでしょうか。
疑問に思われていたことが解決できていれば幸いです。
もしほかにも疑問に思われていることがあれば、どうぞご相談ください。
一緒にお悩みを解決していきましょう。

日々のケアと、定期検診でむし歯のない綺麗なお口でいましょう!
スタッフ一同、みなさまのご来院を心よりお待ちしております。

詳細はこちら

https://oimachidentalclinic.jp/treatment/perio.php