入れ歯との正しい付き合い方

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

むし歯や歯周病あるいは、事故などによって自分の歯を失ってしまった場合、
入れ歯という方法があります。
なかでも取り外し式の入れ歯は、多くの歯を失われた方の、物を噛む機能を回復することによって
食事の手助けをするだけでなく、歯がなくなることによって起こる
発音能力の低下や、顔の変化などの問題解決のも大いに役立ちます。
しかし、大いに役立っているはずの入れ歯ですが、残念なことに
使っている方々からの評判があまりよくない場合もあります。
その理由として、「ものがうまく噛めない」「当たって痛い」「話しづらい」「気になる」等です。
これらの声が聞かれる原因には、使用している入れ歯に問題がある場合も多いのですが、
入れ歯に問題がなくてもなかなか入れ歯になじめない方もいらっしゃいます。

 

【入れ歯との付き合い方】

入れ歯は、使用する方が快適な食生活を送れるように、歯科医師と歯科技工士が協力し、
精魂込めて作製しております。
定量生産できるものではないので、

一人ひとりの異なるお口の状態に合わせてオーダーメイドで作ります。

作り手気持ちとしては、入れ歯を使う方が歯を失う前と同じように日常生活を送れるように願っています。
いわば失われた歯を回復する人工臓器をつくるような気持ちで取り組んでいます。
また、入れ歯は道具に近いものでもあるため、使うための知識や技術を身に着けることによって、
長く快適に使うことができるようになります。
初めて入れ歯を使う場合や、入れ歯を新しくした場合、
最初から思うように食べられることはまずありません。
軟らかいものから順次確認しながら、普通の硬さのものへと練習していってください。
痛みや耐えられない不快感がなければ、長い時間口に入れておいた方が早く慣れます。
しかし、痛みがある場合は外して歯科医院に連絡してください。
通常、最低でも数回の調整が必要です。

入れ歯は大変汚れやすいものです。食事の後は必ずよく洗ってください。
入れ歯はいわば究極の食器です。朝食に使用した茶碗や箸を洗わずに
そのまま昼食に使う人がいないように、毎食後必ず綺麗にしてください。
清掃は歯ブラシや、入れ歯用のブラシで丁寧に汚れを取ります。
入れ歯用のブラシは歯ブラシより大きいので磨きやすく、おすすめです。
洗う時は水を張った洗面器などの上で入れ歯をしっかり支えて洗ってください。
硬いシンクに落としてしまうと割れてしまうことがあります。
歯磨き粉は少量つけるか、あるいは付けなくても大丈夫です。
つける場合は研磨剤が入ったものは使用しないでください。
入れ歯洗浄剤の使用も効果的ですが、入れ歯洗浄剤だけで歯ブラシでのお手入れをしないのはだめです。
また変形する可能性があるので、熱湯消毒はしないでください。

一日中入れ歯をお口の中に入れたままにしておくと、入れ歯の下の顎の土手を痛めてしまいます。
一日に何時間かは入れ歯を外す時間をつくりましょう。
また、入れ歯を入れて痛いときは我慢せずどうぞご来院ください。
自分で削ったり、留め金をいじらなければ修理できる可能性が大いにあります。

スタッフ一同、みなさんのご来院を心よりお待ちしております。