歯の詰め物が取れた時、知っておくべき5つのこと

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

歯の詰め物や被せ物は何年も経つと、噛み合わせ等の変化、
合着材などの材料の劣化や温度変化、噛む力による材料のゆがみなどで
取れてしまうことがあります。
そんな時は慌てずに、できるだけ早く歯科医院に行ってください。
ただ、お仕事や学校の都合などで、すぐにいけない場合もあると思います。
治療の前にするべきこと、してはいけないことがあります。
今回は、皆さんに知っておいていただきたい5つのことをご紹介いたします。

 

①無理に詰め直したり接着剤ではつけない
ご自分で無理やり詰め直したりしないでください。
詰め物が壊れたり、歯が割れたりする危険があります。
歯科医院では詰め物を装置するときに、噛み合わせを調整しているので、
そのかみ合わせが悪くなってしまいます。
特に接着剤などでつけるような行為は絶対にしないでください。

②取れた詰め物はきちんと保管する
取れた詰め物がお手元にあれば保管して歯科医院に渡してください。
再使用できる場合もあります。
保管する際はティッシュペーパーなどの柔らかい紙に包んで、そのまま放置せず、
箱などの容器に入れておきましょう。
詰め物の変形を防ぐことができます。

③取れた歯はしっかり歯磨きする
詰め物が取れてしまった歯は、柔らかい部分が剥き出しになっているので
細菌に感染しやすく、むし歯になりやすくなっています。
また、食べ物のカスも詰まりやすくなります。
このため、他のはよりも丁寧に歯磨きをして、清潔な状態にしておき
できるだけ早く歯科医院に行きましょう。

④詰め物が取れた歯で噛まない
詰め物が取れた歯は、非常に弱くなっています。
噛むときにかかる力は意外に強いので、弱った歯で物を噛むと、
ひびが入ったり、時には割れてしまうこともあります。
そうなると抜歯することにもなりかねません。
このため、できるだけその歯で噛まないようにしてください。
特に硬いものは危険です。

⑤冷たいものや熱いものを控える
詰め物が取れた歯は、大変敏感になっています。
冷たいものや熱いものを飲んだり食べたりすると、
その温度差が刺激になって、しみたり痛みを感じます。
特に飲み物はお口全体に広がってしまうので注意しましょう。
食べ物の場合は反対の歯で噛むようにしてください。

いかがでしたか?
詰め物が取れた際は慌てずに、上記のように対処していただき、
なるべくお早目に当院にいらしてください。

スタッフ一同、お待ちしております。