神経を取る根管治療とは

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニックです。

 

皆さんは「歯の神経をとる」という言葉を聞いたことがあると思います。

しかし実際には、「とっておしまい」というわけではなく、
むしろとってからの処置が重要かつ複雑です。
今回は「神経をとる」ことの意味とその処置についてご紹介いたします。

 

歯には根管と呼ばれる管があり、その中に歯髄が入っています。
この歯髄がいわゆる「神経」です。
虫歯が大きく進行し、細菌に神経が侵されると、とても強く痛むようになります。
これを放っておくと、歯がボロボロになり、感染は顎にまで広がって、
最悪の場合、歯を支える顎の骨が溶けてしまいます。
そうなる前に感染拡大を防ぎ、歯を守るために行うのが「神経をとる」治療です。

実は、神経をとるといっても簡単にとれるわけではありません。
細菌に感染した神経が根管内に少しでも残っていれば、
また感染が広がり痛みを生じます。
また、神経をとり除いてもそこにしっかり薬を詰めなければ、やはりまた感染してしまいます。
そして、薬を詰めるには根管の形を整える必要もあります。
これら一連の処置を「根管治療」と呼びます。

根管治療はとても複雑な治療です。
根管は直径0.1mm以下でとても小さいです。(裁縫道具に入っている縫い針の針穴は約0.3mm)

そして、曲がっていたり枝分かれしていたりと複雑です。

実は海外では神経が細菌に侵されてしまった場合、「根管治療」ではなく「抜歯」を
選択することが珍しくありません。
そもそも「根管治療」が保険で認められていない国が多く、
1本10万円以上の治療費がかかることもあります。
その点日本では保険制度で認められており、むやみに歯を抜かずにすんでいるのです。

根管治療は非常に緻密な治療のため、時間がかかる場合もありますが、
歯を守るための大切な処置ですので、ぜひ最後まで通院いただけますよう、
よろしくお願いいたします。

 

いかがでしたでしょうか。
根管の形は人によってさまざまで複雑です。
少しでも細菌が残れば痛みがでますので、当院では丁寧に回数をかけて治療しております。
ぜひ一度、当院にお越しください。

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。