歯が20本以上ある人は健康!?

品川区大井町にある
大井町駅前歯科クリニックの院長の大倉です。

 

みなさんは

ご自身の歯が何本あるか、数えたことがおありでしょうか。

 

歯が全部ある方は28本。

親知らずまである方は32本です。

 

歯が残っている本数の違いで、身体の健康にも影響してきます。

 

歯が20本以上ある人は、歯が19本以下の人に比べて

糖尿病、脳卒中、心臓病、ガン、高血圧症、脂質異常症などのいずれも発症率が低くなる傾向にあります。

そのため、生活習慣病やガンになりにくい寿命が長くなる傾向があります。

 

歯が少ない人は

しっかり噛めないため、栄養価が低く高カロリーの食品をとる傾向があり、食べられるものが限られ偏った食事になり、

ビタミンC、β₋カロチン、タンパク質の摂取量が少なく、炭水化物が多い傾向にあります。

また、

歯が少なく、しっかり噛めない人は、要介護状態になる確率が高く、歯とお口の状態は、日常生活を自由に送れるかどうかも左右してきます。

 

詳しくは

https://oimachidentalclinic.jp/treatment/perio.php