家族みんなで噛みしめチェック

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニックです。

 

突然ですが、皆さんは1日で「歯が噛み合っている時間」はどれくらいあると思いますか?
実は歯と歯は普段は「噛み合っていない」のが正常なのです。

常に顎が浮いたように、上の歯と下の歯に隙間が開いています。
歯と歯が触れるのは、食事の時と話をする時くらいです。
その時間はせいぜい5分から20分程度と言われています。

 

噛みしめとは?
なんと、食事の何倍もの時間を、無意識に噛みしめている場合があります。
無意識にと言っても優しい力なんかではありません。
大変なことに、食事の時の何倍もの力で噛みしめてしまうのです。
これを「クレンチング」といい、無意識にしてしまうので自分でも気づかない方がたくさんいます。
「クレンチング」は、多くが無意識のうちに行われます。
寝ているときはもちろん、起きているときも何かに集中していると
知らず知らずのうちに噛みしめてしまっている方は少なくありません。
自覚がないことも多いので、以下のリストでセルフチェックしていただき、
当てはまるようならぜひお早めに当院にご相談ください。

 

噛みしめチェックリスト
□ 歯の噛み合わせ面が摩耗して平らになっている
□ エラの部分の筋肉が張っている・筋肉の痛みを感じる
□ 歯と歯肉の境目にくさび状に削り取られたような傷がある
□ 耳の穴1センチ手前にある顎の関節を押すと痛みがある
□ 頬の内側に白い線がある
□ 下のふちに歯型の痕
□ 下顎の内側の骨が盛り上がっている
□ 上顎の口蓋の中央が盛り上がっている

 

いかがでしたでしょうか?
噛みしめによる悪影響はたくさんあります。
歯がすり減る、歯が割れる、顎関節症を誘発、知覚過敏の進行、歯周病の進行、肩こり、偏頭痛などです。
このような症状がある方は、お早めに当院にご相談ください。
一緒に症状改善に向けて、治療していきましょう。

スタッフ一同、お待ちしております。