細菌の巣窟『歯石』

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニックです。

まだ六月の末だというのに、厳しい暑さに見舞われています。
皆様お変わりございませんでしょうか。

 

今日は『歯石』についてお話ししたいと思います。

 

歯石とは、歯の表面につく硬い石のようなものです。

しかし単なる汚れとは違います。
実は歯石の表面にはスポンジ状に穴がたくさんあいており、デコボコしています。
そこにたくさんの細菌が棲みついて毒素を出しているのです。
この歯石こそが歯周病を悪化させる一番の原因です。

 

歯石ができやすい人
歯石には唾液に含まれるカルシウムと、磨き残しのプラーク(歯垢)が結合することによってできます。
つまり、歯石ができやすい人は、唾液にカルシウムが多いか、
しっかりプラークが取れていないと考えられます。
唾液中のカルシウムをコントロールすることは難しいですが、
歯みがきの方法を改善することで歯石をつきにくくしましょう!

 

歯石ができやすい所
歯石ができる原因のひとつは、唾液に含まれるカルシウムです。
そのため、唾液が出るところの近くは歯石ができやすいです。
その場所は主に2つあります。
1つ目は「下の前歯の裏側」です。
これは舌で触るとすぐわかるので、実感されている方も多いのではないでしょうか?
歯石ができると、デコボコ・ザラザラして、歯の隙間が埋まってしまうのがわかります。
2つ目は「上の奥歯の外側」です。
意外だと思われるかもしれませんが、この近くにも唾液が出る場所があります。

 

歯石をできにくくするためには、とにかくプラークをしっかり除去することが大切です。
唾液にカルシウムが含まれていても、それがプラークと結合しなければ歯石はできないので、
フロスなども使用してしっかりケアをしましょう。
また、一度できてしまった歯石はご自身の歯磨きケアでは落とすことが難しいです。

硬い歯石は、歯科医院でなければ取り除くことができません。
もし歯石がついているなと感じていましたら、歯周病予防のためにも
ぜひお気軽に当院にご来院ください。

スタッフ一同、お待ちしております。