知っておこう!意外に知らないメタボの正しい意味

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニックです。

 

長雨のみぎり、お変わりはございませんでしょうか。
本日はメタボについて詳しくお話していきます。

 

メタボの正式名称は「メタボリックシンドローム」といい、
日本ではウエスト周囲が男性85㎝以上、女性90㎝以上を超え、
かつ高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上当てはまる場合を
メタボリックシンドローム(以下メタボ)といいます。

メタボを放っておくと、動脈硬化が進んで血流が悪くなり、
脳血管疾患・心血管疾患・糖尿病など、命にかかわる病気のリスクが高くなります。
実際に、肥満・高血圧・糖尿病・脂質異常症のうちいずれかを持つ方は、
何も持たない方に比べて心疾患になる危険性が約5倍であり、
3~4つ持つ方は、その危険性が約36倍にも跳ね上がるという研究結果があります。

 

歯周病予防=メタボ予防!
実は歯周病を予防することはメタボを防ぐことにもつながります。
その方法は単純明快、「よく噛んで食べること」です。
よく噛むと唾液がたくさん出て、食べかすが歯につきにくくなり、歯周病予防につながります。
さらに、よく噛むことによって脳内の満腹中枢を刺激して、エネルギーを消費させる物質を
出してくれるので、メタボ予防につながります。
ひと口につき30回、よく噛んで食べてみてください。

 

歯周病が全身疾患に関係!?
近年、口腔内の小さな傷から血管内に入り込んだ歯周病菌が、
様々な全身疾患に関係していることがわかってきました。

その中にはメタボのリスクとして挙げた、心疾患、脳血管疾患、糖尿病なども含まれます。
糖尿病が歯周病を悪化させ、さらにその歯周病が糖尿病を悪化させるという負のスパイラルがあります。
また、動脈硬化をおこしている血管から、歯周病菌が見つかったという報告もあります。

 

正しい食生活と適度な運動に加え、毎日の歯みがき・歯科医院でのメンテナンスによって歯周病を予防し、
メタボ予防・全身疾患の予防に努めましょう。
当院ではみなさんのお口の状況にあった治療やメンテナンスを行っています。

どうぞお気軽に当院にご来院ください。