万能ビタミンとは

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニックです。

 

東京、神奈川、埼玉などで新型コロナウィルスの緊急事態宣言を全面解除になり、
新型コロナウィルスも収束になってほしいですね。

 

今回は前回の免疫力をアップさせる食事で大事なことの3つのうち、
3つめの、『万能ビタミン』についてお伝えしていきます!

ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあり
水溶性ビタミンはビタミンB1、B2、B₆、B12、Cがあり、
脂溶性ビタミンはビタミンA、D、E、Kがあります。
ビタミンは食事やサプリメントからバランスよく摂取するしかないのですが、
なんとビタミンDだけは、日光浴をし、紫外線を浴びることによって体内で合成することができるのです!

体内におけるビタミンDの働きは、腸管でカルシウムを吸収する助けをし、
カルシウムを血液によって全身の細胞に送る際、カルシウム濃度を一定に保つ機能を果たしてくれています。
そのため、骨粗しょう症予防などに効果的ですが、
近年はビタミンDに免疫機能を調節する効果があることもわかってきました。
風邪をひいている方の血中ビタミンD濃度を調べると、
濃度が低下していることがほとんどで、免疫機能が落ちているそうです。
そのため、感染症予防や悪化を防止するためにビタミンDを摂取していただきたいのですが、
なんと日本人のうち80%がビタミンD不足なのが現状です。
食品から摂取できる量は限られる上に、デスクワークなどによって日光に当たる時間が短いのが原因と考えられます。

食品からは鮭、イワシ、卵黄、干しシイタケ、きくらげなどから摂取できますが、
ビタミンDは脂溶性ビタミンでもありますので、食事からの過剰摂取は体外に排出できません。
なので食事と合わせて是非日光浴をしてみてください。
季節や地域によって差はありますが、できれば一日30分の日光浴が効果的です。

不要不急の外出は避ける時期ではございますが、人混みを避けたお散歩や、
ご自宅で窓を開けて、日光に当たり、免疫力を高めましょう!

3回にわたって免疫力をアップさせる食事についてお話いたしましたが、いかがでしたでしょうか?
よく噛んで、バランスよく食事をして、免疫力を高め、
病気になりにくい身体をつくりましょう!