むし歯じゃないのに歯が溶ける?!

品川区大井町にある
大井町駅前歯科クリニックの院長の大倉です。

 

むし歯じゃないのに、歯が溶ける「酸蝕症(さんしょくしょう)」が増えています。

 

酸蝕症(さんしょくしょう)とは

酸性の食品(レモンなどの柑橘類、炭酸飲料、ワインなど)を短期間に繰り返すとお口の中が酸性になって歯が溶けます。

 

むし歯は砂糖や砂糖を多く含み飲食物(スポーツドリンク、糖入りのコーヒーや糖入りの紅茶など)によって歯が溶ける病気です。

 

次回は

歯が20本以上ある人は健康傾向にあることについて、お話します。