発酵食品の食べ方とは

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニックです。

 

今回は、前回の免疫力をアップさせる食事で大事なことの3つのうち、
2つめの、『発酵食品の食べ方』についてお伝えしていきます!


免疫力アップに欠かせないのが発酵食品とキノコ類です。
共通点はどちらも「菌」であること。
発酵食品は腸内環境を整える機能を持っています。

腸内には100兆ともいわれる数の細菌がおり、乳酸菌やビフィズス菌のように
発酵することで有益な物質を生み出す善玉菌と、
大腸菌のような悪玉菌、
どちらでもない日和見菌に分類できます。
善玉菌が増えると腸の働きがよくなり、悪玉菌が増えると腸内環境が悪化します。

発酵食品は発酵の過程で乳酸菌を増殖させるため、
食べることによって腸内の乳酸菌が増え、腸内環境が整います。
全身の免疫機能のうち60~70%程度が腸に集まっているといわれているため、
発酵食品を積極的に食事に取り入れ、免疫力を高めましょう!

 

発酵食品で手に入りやすいものは、
麹、味噌、醤油、醸造酢、みりん、魚醤、チーズ、ヨーグルト、発酵バター、
塩辛、納豆、漬物、鰹節、キムチ、甘酒、マッコリなどがあります。


・納豆:納豆菌は腸内の善玉菌を元気にします。低温だと納豆菌の活動がストップしてしまうので、常温で食べるのがおすすめです。

・麹:麹菌はでんぷんやたんぱく質を分解する酵素を生成するため、消化・吸収をしやすくしてくれます。
しかし熱に弱いので、調理の際には60度以下で取り扱ってください。

また、発酵食品ではありませんが、きのこ類はβ‐グルカンという免疫機能を活性化する成分を豊富に含みます。
β‐グルカンはきのこに特有の食物繊維「キノコキトサン」の一つです。
発酵食品と組み合わせて、ぜひ食事に取り入れてみてください。

 

いかがでしたでしょうか?
いつもの食事にプラス一品、発酵食品やきのこ類を取り入れてみたり、
食後のデザートの代わりにヨーグルトを食べてみるなど、
無理のない範囲で是非食べてみてください。
腸内環境を整えて一緒に免疫力を高めましょう!

 

次回は免疫力をアップさせる食事で大事なことの3つのうち最後の
万能ビタミンについてご紹介します!