よく噛んで食べて免疫力アップ!の方法とは

皆さんこんにちは。東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニックです。

 

窓を開けると吹き抜ける風も心地よい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
今年に入ってから生活状況が様々変化して、体力的・精神的にもお疲れがあると思います。
病に負けない強い体を作るためには免疫力をアップさせることが重要です。
ここではご家庭で実践しやすい、免疫力をアップさせる「食事」についてお伝えしていきます。

 

免疫力をアップさせる食事で大事なことは3つあります。

①バランスよく食べる
②発酵食品の食べ方
③万能ビタミン!

今回はバランスのいい食事とは何か、一緒に考えていきましょう!

 

①『バランスよく食べる』
バランスよくと言われても漠然としていて、何の食材がどのように身体にいいのか、よくわからないですよね。
お肉・お魚・お野菜類に分けて、ポイントをおさえていきましょう!

 

☆ お肉 ☆
お肉には免疫力を高める必須アミノ酸が豊富に含まれます。
また、たんぱく質の一種であるアルブミンは感染症・脳卒中・心筋梗塞に効果的です。
いずれのお肉も、良質な赤身肉がおすすめです!

・牛肉:赤身肉には鉄・亜鉛が豊富。

・豚肉:免疫細胞の働きを活性化させるビタミンB1、B2が豊富。

・鶏肉:カルノシンやアンセリンには高い抗酸化作用があり、免疫力を高めます。

・羊肉:免疫力を高めるリシン鉄、亜鉛が豊富。

 

☆ お魚 ☆
良質なたんぱく質が含まれるのはもちろんのこと、
コレステロールを減らす不飽和脂肪酸のEPA・DHAやタウリンが含まれます!

・青魚:コレステロールを減らし、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中を予防するEPAと、
細胞を活性化し、脳の情報伝達を助けて成長・発達を促すDHAが豊富です。

・白身魚:高たんぱく、低脂肪。

・鮭:抗酸化物質のアスタキサンチンで免疫力アップ。

・牡蠣:ビタミン、ミネラルが豊富。

 

☆ お野菜類 ☆
野菜や果物には、たんぱく質の代謝を助けるビタミン・ミネラルのほか、
酵素や食物繊維が豊富に含まれています。
また、植物には免疫細胞の働きを助ける有効成分のファイトケミカルが含まれます。
ファイトケミカルを多く含む食材を中心にバランスよく摂取することで、
体の免疫システムが最大限に機能します。

・アブラナ科の緑黄色野菜:体の免疫力を最大限に高めます(ブロッコリー・キャベツ等)

・玉ねぎ、にんにく:抗酸化、抗炎症、抗がん作用の成分を持ちます。

・人参:α‐カロテンを多く含み、抗酸化作用があります。

・きのこ類:食物繊維であるβ‐グルカンが腸の免疫細胞に作用し、免疫力を高めます。

・ナッツ・ごま等:ごま、亜麻、ひまわりの種などには不飽和脂肪酸が含まれ、免疫力を高めます。

・果物:ビタミンやポリフェノールを含みます。

 

 

いかがでしたでしょうか?
いくつか食材をご紹介しましたが、何か一つを重点的に食べても意味はありません。
いろいろな食材をバランスよく食べることが免疫力を高めるのに重要です。
体は一回一回の食事からつくられます。
歯でしっかりよく噛んで、一緒に免疫力を高めましょう!

 

次回は発酵食品の食べ方についてご紹介したいと思います!