マイナス1歳からのむし歯予防

皆さんこんにちは。

東京都品川区大井町にある大井町駅前歯科クリニック院長の大倉です。

 

妊婦の皆さん、ご家族や周りの方に妊婦さんがいる皆さん、
『マタニティ歯科』が必要な理由を知っていますか?

マタニティ歯科がなぜ必要かというと、
つわりや嗜好の変化が妊娠期に発生します。
だ液の分泌量が減りネバネバして自浄作用が低下し、清掃不足になります。
食事回数や間食が増えることもあるので、お口の環境は悪化する傾向になり、
むし歯や歯周病になりやすくなります。
そのため、マタニティ歯科は必要不可欠なのです。

 

患者さんからよく聞かれる質問を以下に載せますので参考にしてください。

Q1.むし歯が見つかったら妊娠中でも治療できますか?

A1.妊娠中でも治療はできますが、つわりがおさまって安定期に入る4~5カ月以降から
7カ月頃までが望ましい時期といえます。
それ以降も体調が良ければ、患者さんの状況に合わせて姿勢や治療時間を考えていきますのでご相談ください。

 

Q2.歯科用レントゲンは赤ちゃんに影響ありませんか?

A2.歯科治療で行われるレントゲン撮影の放射線量は1年間で日常で浴びる自然放射線と比べても微量です。
撮影部位と子宮は離れておりますし、防護エプロンもするので大丈夫です。

 

Q3.歯科治療に使用する薬剤は、赤ちゃんに対して安全なのですか?

A3.局所麻酔はお口の中にのみ効きますので、おなかの赤ちゃんには影響ありません。
また、妊娠中も服用できるお薬もありますのでご安心ください。

 

Q4.むし歯は赤ちゃんにうつりますか?

A4.大人のだ液を介して、むし歯の原因菌が赤ちゃんに感染することがあります。
でもナーバスに考えすぎないで、まずは赤ちゃんのそばにいるご家族の皆さんが、
お口の中を清潔に保ち、むし歯を減らすことが重要です。

 

むし歯や歯周病が生まれてくるお子さんに悪い影響を与えたり、
流産、早産、低体重児出産のリスクを高める可能性があります。
お母さんだけでなく、赤ちゃんを迎え入れるご家族全員が、
お口の健康を守ることがとても大切です。
当院では定期的な検診を行っておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

みなさんのご来院をスタッフ一同、おまちしております。